代謝促進!マッサージ

マッサージ前に化粧水をつける際のポイント

肌には食事メニューから睡眠時間まで生活のすべてが反映されるものです。そして自分の肌リズムやクセを把握できれば、どんなスキンケアをすればいいのかが明確になります。近年は自分でできるスペシャルスキンケアとして、肌の代謝を促進するためのマッサージが注意を集めているんですよ。

マッサージをする際に肌で摩擦が起きないように、まずはしっとりタイプの化粧水を塗ってから行うようにしましょう。化粧水は摩擦を極力避けるためにコットンを使わず、手のひらで温めてから肌に乗せることが推奨されます。化粧水は手のひらで温めることで浸透力がグッと上がるのです。化粧水を塗ったあとは片方の指でこめかみを引き上げ、反対側の手でほうれい線とフェイスラインを包み、優しく上部へと引き上げていきましょう。

どんなイメージでマッサージをすればいいの?

目元部分も頬と同様にアイセラムなどを塗りながら指で優しく引き上げて、こめかみへと流していきます。目元は頬よりも皮膚が薄いので、指に圧をかけすぎないように気をつけましょう。目元のマッサージは左右で10回ずつ行うことが基本となります。仕上げは両手の5本指を使って、頭皮を持ちあげるようにして顔をリフトアップさせていきます。髪の生え際から指を入れてグイッと引き上げるのですが、この際、顔のたるみを全部頭頂部に集めるイメージで行えるかどうかがポイントになります。正しく行えば代謝が促進され、顔にメリハリが出てきますよ。肌の調子が悪くて悩んでいる人は、このスキンケアにトライしてみてください。マッサージで肌をやわらかくすることが、美肌への近道だといえます。