もこもこの泡での洗顔

正しい洗顔のための下準備

正しい顔の洗い方、皆さんご存知ですか?勿体無いからといって少しの泡でゴシゴシ擦ったり、ただ水で洗うだけではかえってお肌に悪影響が及ぶことも。美しいお肌を保つために、今一度正しい洗顔方法をお勉強しておきましょう。
まずは前髪が顔にかからないようピンなどでしっかりとめておきましょう。髪の生え際に泡が残ってしまうと吹き出物などの原因になりかねません。そして洗顔に使うお水は人肌程度の温かさのお湯にしましょう。冷たいお水では毛穴が閉じてしまって満足に汚れを落とせない場合があります。事前に顔を濡らしておきましょう。そしてなにより大切なのが洗顔料。少しの泡では指が擦れたりしてお肌が傷ついてしまうこともあります。ポンプタイプであれば何度かプッシュして、チューブタイプであればネットなどを使ってモコモコの泡を用意しましょう。

お肌に優しい顔の洗い方

モコモコの泡が用意できたら早速洗っていきます。額から鼻にかけてのTゾーンから。特に小鼻付近など汚れが溜まりやすい部分は丁寧に、指の腹を使って洗っていきましょう。こめかみなど細かい部分も忘れずに。次に頬から顎にかけてのUゾーン。傷つきやすい目の周りの皮膚が薄い部分は泡を乗せた指で優しく触れるように洗いましょう。輪郭に沿って顔全体を満遍なく洗っていきます。洗い流す際には髪の生え際や小鼻の周りなど、細かいところの洗い残しがないようしっかり鏡で確認していきます。洗い流したら柔らかい洗い立ての綺麗なタオルで拭いていきます。タオルでゴシゴシ擦ってしまうとせっかくのフワフワの泡が台無しです。ポンポンと優しく叩くように拭き取っていきましょう。